当院では、最先端技術を用いたダイオードレーザーを導入しました。 大幅に手術時間が短縮でき、出血量も少なく、手術後の痛みも少なくなります。 避妊、去勢、腫瘍切除等の極力「糸を使わない手術・糸を残さない手術」や、「疼痛緩和と創傷治癒」、「マイルドレーザーサーミア(温熱による免疫力活性化、腫瘍の栄養血管新生を抑制)」、「体表腫瘤の凝固治療」、歯周病・口内炎の「レーザー治療」、「イボの蒸散」、「半永久的脱毛」(逆さまつ毛など)、など多岐にわたる治療が可能です。

安心で体にやさしい

ダイオードレーザーを使った手術・治療のメリット

  • 体の中に極力、「糸を使わない手術・糸を残さない手術」ができます
  • 安全・確実な止血・切開ができ、出血量が少なくなります
  • 手術時間が大幅に短縮され、動物たちの負担が減ります
  • 縫合糸による異物反応も起こりません
  • 手術後の痛みが少なくなります
※もえぎの動物病院では、犬・猫の避妊・去勢手術は、すべて糸を体に残さない手術です。この手術に対する追加料金はありません。

安心で体にやさしい

ダイオードレーザーの手術・治療

  • 糸を使わない手術・糸を残さない手術
  • 疼痛緩和(痛みの緩和)と創傷治癒
  • 歯周病・口内炎のレーザー治療
  • イボの蒸散
  • 半永久的脱毛(逆さまつ毛など)
  • 糸を使わない手術・糸を残さない手術

 避妊、去勢、腫瘍(がん)切除等の極力「糸を使わない手術・糸を残さない手術」ができます。 シールハンドピースは、血管・組織等を、糸を使わずに止血・切開ができるため、出血量が少なく、異物反応も起こりません。手術時間が大幅に短縮でき、手術後の痛みも少なくなります。
異物反応とは 手術の際に使用する縫合糸を体が異物として反応し、その周辺に炎症を起こし、肉芽腫(しこり)ができる「縫合糸反応性肉芽腫(無菌性脂肪織炎)」という病気があります。 すべてのわんちゃんねこちゃんにも起こりうる病気ですが、特に、ミニチュア・ダックスフントで多く、他にも、チワワ、トイ・プードル、シーズー・マルチーズ、シェルティ、ポメラニアン、ゴールデン・レトリバー等、近年多くの報告があります。
※筋肉はモノフィラメント合成吸収糸、皮膚はモノフィラメント非吸収糸または合成吸収糸を使用し、体の負担を軽減します。
  • 疼痛緩和(痛みの緩和)と創傷治癒

スピンハンドピースSPH
 皮膚の上からスピンハンドピースを当てるレーザー治療を行うことで、体の奥の組織まで届き、体内組織の血行改善や、痛み・炎症を緩和することができます。皮膚炎、裂傷等の治りを早める効果や、椎間板ヘルニア等の痛みの軽減にも効果があります。
  • レーザーサーミア

レーザファイバBF600
ファイバコンタクトハンドピース
 レーザファイバをファイバコンタクトハンドピースに通して使用します。これを体表にある腫瘍に刺して焼却し、腫瘍を壊死・縮小させます。正常な組織は血流で冷却されるため、ダメージを受けません。手術が難しい顔面や足先、尻尾の腫瘍にも有効で、大きな傷も残りません。 深部の腫瘍(肺腫瘍、腹腔内腫瘍等)に対しては、上記のスピンハンドピースを用い、皮膚の上から15〜30分の時間をかけてレーザーを照射し、深部まで温め、血流促進や免疫力を活性化させます。肺炎や気管支炎等にも有効です。 レーザー光をよく吸収する性質がある、ICG(インドシアニングリーン)という色素を用いて、より腫瘍に対してダメージを与えることも可能です。

副作用のほとんどない

当院のがん治療

 当院は腫瘍(がん)対策として、レーザーサーミアの他に、副作用のほとんどない自然療法・代替療法も行っております。超高濃度ビタミンC点滴療法・丸山ワクチン・サプリメント等、大切な動物たちにやさしい、「副作用のほとんどない腫瘍(がん)対策」を行っております。
  • 歯周病・口内炎のレーザー治療

 歯周病の原因である歯垢や細菌をレーザー光線で除去殺菌します。 歯医者さんでも使用されています。
  • イボの蒸散

ラウンドプローブ(S)LRP-SS
 ハンドピース・ラウンドプローブを用い、イボを蒸散させることができます。場所・大きさにより無麻酔でも可能です。
  • 半永久的脱毛(逆さまつ毛など)

 レーザーを毛根部位に照射することで、半永久的脱毛が可能です。逆さまつ毛等に有効です。