鍼治療・漢方

  • 鍼治療
 鍼治療は、「ツボ(経穴)」を刺激することで、本来持っている自然治癒力を高め、自律神経やホルモンバランス、血流などが良くなり、病態改善へとつながります。
 鍼治療と併用し、温熱療法オゾン療法を組み合わせることにより、よりよい効果を発揮できるようご提案しております。

当院の鍼治療は
温熱療法やオゾン療法を
組み合わせることができます。

 当院では主に機能回復を目的とした椎間板ヘルニアの子に行っています。体質、症状に合せて、鍼の太さ、深さ、本数をそれぞれ変えて行い、より一層の治療効果を発揮できるようにしています。  鍼に電気を流す、低周波パルス治療を使用することもできます。鍼を指す際も、電気を流す際も、痛みはほとんどありません。

 重症度によって差がありますが、週1~2回程度の間隔で治療を始め、数回~十数回の通院治療で病態改善を目指していきます。できれば、良くなってからも、予防的に継続治療をしていくことをお勧めしています。

 より良い結果を出すため、温熱療法オゾン療法の併用や、漢方薬等もお勧めさせて頂いております。温熱療法はレーザー等の人間の医療でも用いられている医療機器を用いて行っております。

 鍼灸治療は、性格によっては施術が出来ないことがありますので予めご了承下さい。
鍼治療は完全予約制です。
1回の治療に30分~1時間程度の時間がかかるため、基本的に 手術・往診時間である14時~16時の間 に行っております。 当院受付またはお電話にて
もえぎの動物病院 受付 045-971-8524
  • 漢方の処方
 
当院は日本ペット中医学研究会会員動物病院であり、

その子その子に合った漢方の処方ができます

  その子の状態に合わせて、
  1〜数種類の漢方薬を
  組み合わせて処方しています。
 当院で使用する漢方は、人間用でも高い実績のある、イスクラ産業が作った動物用漢方薬です。 表面がコーティングされている錠剤で、非常に飲みやすなっています。当院のアニマルスタッフも、漢方をおやつのようにおいしそうに食べてくれます。
 原材料は厳選された人間用と同等の品質のもので、防腐剤・香料・着色料は一切使用 されていないので、安心して与えることができます。
 動物が本来持っている生命力を高め、慢性・難治性の病気(アトピーなどの皮膚病、 腫瘍、下痢や嘔吐、膀胱炎、腎臓病など)を全体的、根本的に治療することを目標とし ます。
~漢方の種類~
  • 源気(元気の養生)
  • 清肌(皮膚の養生)
  • 通楽(関節・筋肉の養生)
  • 露華(腫瘍の養生)
  • 寧心(循環器の養生)
  • 三仙(消化器の養生)
  • 潤華(目と毛の養生)
  • 快元(血液・血管の養生)
  • 西伯利亜(肝臓・腎臓の養生)
  • 通淋(尿路の養生)
  • 静心(メンタルの養生)
  • 滋潤(乾燥の養生)]