もえぎの動物病院について

もえぎの動物病院では、日常的な診察・予防をはじめとして、CT・MRI・放射線治療等を必要とする高度医療につきましても、大学病院などの専門医療機関と連携をとり、常に最新の動物医療を皆様にご提供できるよう努めております。
「もえぎ=萌え木」には「若葉の芽吹きはじめた木」という意味があります。 萌え木のように、これからも成長し続け、知識・技術を磨き、飼い主様、そして大切で小さなご家族様の幸せに最大限貢献できるよう、スタッフ一同、全力を尽くして参ります。

メッセージ

皆様方には長年にわたりまして御来院たまわり誠に有り難く御礼申し上げます。私、原節郎は一身上の都合に依りまして円滑な診察が出来難く、皆様各位に御迷惑、ご不便をおかけする事となりましたので、後進の後藤秀寛獣医師に診察業務全般を譲渡する事となりました。誠に勝手ながらお許し頂きたくお願い申し上げます。後藤獣医師は健康で診療に対してまじめで向学心、向上心が強く、なにより皆様のホームドクターとしての資質にあふれています。何卒、私同様、末永く可愛がって頂ければ幸いと思っています。突然の事で皆様方には大変ご迷惑をおかけ致しますが、今後ともよろしくお願い申し上げます。

はら動物病院 院長 原 節郎

はら動物病院を事業承継しました、獣医師の後藤秀寛と申します。長年に渡り、地域の皆様に貢献してきた原節郎先生の後を引き継ぐことに、責任の重さを感じております。私は原先生と同様、日本大学獣医学科を卒業し、その後、長野、埼玉の病院で診療をして参りました。 飼い主様と動物達を自分の家族のように、思いやりをもって診療することの大切さを日々実感しながら仕事をしています。今までと同様に、地域の皆様に必要とされる動物病院となり、動物と暮らすことで得られる最高の幸せに貢献できるよう、全力を尽くします。なお、当院は平成24年5月頃より、「もえぎの動物病院」に名称変更します。これからもどうぞよろしくお願い致します。

もえぎの動物病院 院長 後藤 秀寛